坂と石段の街

瀬戸の海を望み、山肌にへばりつくようなこの街を縫うように
細い坂道とそして石段が走っている。

車中心のいまの地方では暮らすにはたいそう不便な街の成り立ち。
坂を登り、石段を登り路地を歩くと結構な確率で主の居なくなった廃墟を見る。

時折路地ですれ違うのは年老いた住民か、観光客だ。

まだ午前の早い時間、静かな路地を歩くと猫に出会う。

彼らにとっては坂も石段も生活する上での障害ではない。
車も入ってこれないこんな路地は却って好都合なくらいだ。

急峻な坂や石段がいまの時代の人の暮らしに合わなくとも
猫は悠々と今日も路地を歩いている。


d0348237_15072458.jpg



[PR]
by shimanekoaruki | 2015-11-25 15:08 | 旅猫

FBページ「ねこのかたち」もよろしく。(https://www.facebook.com/ShimanekoAruki/)


by たまちち猫まっしぐら