生きるということは、すなわち食べるということ。


d0348237_17083849.jpg
※No13 作品サイズ:A3ノビ(305×457mm)ドライマウント(7㎜)加工


[PR]
# by shimanekoaruki | 2015-12-14 17:11 | 島猫
そう、すぐそこに「いる」感じ。

そして一緒に「この時間」を生きている感じ。

分かり合えそうで、分かり合えない。
分かり合えないかもしれないけれど、分かり合いたい。
そんな感じ。

そういうものを大切にしたいのです。


d0348237_18472956.jpg
※No14 作品サイズ:A3ノビ(305×457mm)ドライマウント(7㎜)加工

[PR]
# by shimanekoaruki | 2015-12-13 18:51 | 島猫
猫の写真を撮っていると「擬人化」してしうことが多いのですが、
それが果たして「擬人化」なのか、もしかすると本当に「人間のように」そうなのか区別がつかなくなる時があります。

それはもしかすると私が「擬猫化」しているのかもしれません。


d0348237_05101838.jpg

※No15 作品サイズ:A3ノビ(305×457mm)ドライマウント(7㎜)加工

[PR]
# by shimanekoaruki | 2015-12-12 05:11 | 島猫
d0348237_22022888.jpg

猫を撮る時に知らずのうちに自分の好きな絵ばかりを撮ってしまうのですが、
この写真もそうした写真です。


猫の被毛が光を受けて輝く光景は本当に美しくて、
ファインダーから覗くそれはより一層心を惹かれるのです。

密かに、展示した写真の中で唯一モノクロのほうが良かったかも?と思った写真でもあります。


※No16 作品サイズ:A3ノビ(457×305mm)ドライマウント(7㎜)加工





[PR]
# by shimanekoaruki | 2015-12-10 16:09 | 島猫
d0348237_08163339.jpg
横浜の赤レンガ倉庫ねこ写真展の展示作品を振り返って、2日目。

2014年の秋、松山沖の島にて。

この島の猫は基本的に住んでいる猫全てが家族、的なところがあります。

生まれた子猫も複数の母猫が育児するという光景も珍しくはありません。


瞳がまだキトンブルーの兄弟の子猫。
この頃から少しずつ行動範囲を広げています。
この島には猫の天敵の自動車やバイクはありません。自転車さえも走っていません。

そんな島での探検はとても楽しい探検です。


※No17 作品サイズ:A3ノビ(305×457mm)ドライマウント(7㎜)加工

[PR]
# by shimanekoaruki | 2015-12-09 08:23 | 島猫

FBページ「ねこのかたち」もよろしく。(https://www.facebook.com/ShimanekoAruki/)


by たまちち猫まっしぐら