ホームグラウンド

島の猫が好きですが、四国側から渡らなければ行けない島がほとんど。

その前に立ちはだかるのが・・・
瀬戸大橋の通行料金・・・デス。

島以外で猫を撮るのはここ。
私のホームグラウンド。

我が家の三番目の愛猫「風(ふぅ)」と出会った場所でもあります。

瀬戸内の潮の香りをいっぱいに含んだ風が丘を抜ける場所。
そんな場所で出会ったから「風(ふぅ)」と名づけました。


と、写真とはなにも関係のないお話・・・デシタ。



11月17日から開催されている「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展」今日を入れて残り3日です。
70人のプロ・アマが約1000点の写真で織り成す猫たちのキロクとキオク。
素晴らしい写真の数々です!
この三連休、ぜひ足をお運び下さいませ。




d0348237_09440008.jpg

# by shimanekoaruki | 2015-11-21 09:47 | 地元猫 | Comments(0)

立ち位置

方向音痴では無いんですけど。

立ち位置がよく判らなくなることは、多いです。






d0348237_16271204.jpg

# by shimanekoaruki | 2015-11-20 16:28 | 島猫 | Comments(0)
「ねこ」のかたちは、さまざま、いろいろ。




でも、「いのち」のかたちは、



きっと・・・







ひとつ。








d0348237_16482831.jpg

# by shimanekoaruki | 2015-11-20 09:28 | 島猫 | Comments(0)

いつもどおり

d0348237_07333486.jpg
はじめての写真展「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展」

初日、2日目が終わり私の非日常的な体験も終わりました。
今日から見慣れた光景の中の見慣れたいつもの景色の中で「日常」に戻ります。

横浜での「非日常」から岡山の「日常」へのスイッチの切り替えが今ひとつうまく出来そうにありませんが・・・。


自分の写真を私の知らない人が写真の前で足を止め、見てくださる。
その光景を見るという初めての体験は、とても新鮮でした。

主催者の星野さんがおっしゃった「写真は紙にして、見ていただいて初めて完結するアート」だ。
という「意味」とか「感じ」が分かったような気がします。

いずれにしても、とても貴重な体験をさせていただく機会を与えてくださった星野さんに感謝です。
そしてそれぞれの思いを寄せて会場に足を運んでくださった、またこれからくださる

ネット上でしか交流がなかった方々に感謝です。

またまた、様々な事情で今回は会場までは行くことは出来なかったけれども応援を下さった方々に感謝です。

まだまだ連休に向けて、ねこ写真展はますますの盛況を見せることと思います。
ぜひ70名のプロ・アマ写真家の目をカメラを通して見た「ねこ」という形の「いのち」の様を感じて頂きたいと思います。


横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展公式HP

# by shimanekoaruki | 2015-11-19 07:51 | 島猫 | Comments(0)

いよいよ明日から

横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展

いよいよ明日より開催です。



d0348237_12390639.jpg


生まれて初めての写真展、しかもこんなに注目をされている大規模な写真展。

大丈夫?わたし?ですが、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。


約3年間に渡り瀬戸の島々で出会った猫たちの数多くの写真の中から「あ~でもない、こ~でもない」と悩みぬいた(まだ本当は悩み足りないのですが)末の写真たちを展示いたします。


会場では数量限定で可愛いサイズの写真集を島猫さんの写真(ポストカードサイズ)をお付けして販売も致します。



私は明日の在来線始発で岡山へ出て新幹線で横浜入り致します。仕事柄ほぼ大阪以東出る機会もなかったので、完全なお上りさん状態ですが・・・汗。

11月17日(火)は、多分午後から
11月18日(水)は午後15時の新幹線で帰岡しなければならないので、う~んお昼くらいから14時過ぎくらいまで会場入りの予定です。あくまで予定なので猫的な感じで「あくまでだいたい~」な風に思ってくださると助かります。



では、横浜赤レンガ倉庫で♪



追記:Canon PHOTOPRESSOでは写真展の連動企画として「ねこのいる風景(11月の特集)」という特集が組まれています。

ぜひご覧ください。



d0348237_07093894.jpg


# by shimanekoaruki | 2015-11-16 07:19 | 猫がらみ | Comments(0)

FBページ「ねこのかたち」もよろしく。(https://www.facebook.com/ShimanekoAruki/)


by たまちち猫まっしぐら